東北電力?うっかり検針票を出すところだった

先日、自宅に電力小売会社の訪問営業が来ました。

応対中は東北電力の何かかと思っていましたが、あとあと考えてみると、電力の小売業者だったんだと思います。

私の場合は検針票がない旨伝えると帰っていきましたが、かなり紛らわしい営業だと感じました。

スポンサーリンク

玄関先での挨拶だけと呼び出された

ある日の19時過ぎ、自宅で仕事をしていると、インターホンが鳴りました。

来客
来客

東北電力ご利用の方に玄関先でのあいさつに伺いました

数週間前の電力設備の点検に立ち会えなかったので、その関連の何かかなと思い、とりあえず出てみることに。

東北電力の検針票は届いているかと確認された

来客
来客

東北電力をご利用いただきありがとうございます。

電力の自由化に伴い電気料金が安くなりますので、そのご案内に伺いました。

はて、自由化はだいぶ前から始まっているはずだけど、東北電力で何か値下げがあったのかな?などと、のんきなことを考えていました。

来客
来客

東北電力の検針票は届いていますか?

わたし
わたし

届いていると思います。

東北電力の人なら知っているんじゃないの?とは思いました。

ただ、在宅ワーク中だったので、さっさと話しを終わらせて仕事に戻りたいという気持ちが強く、適当に流してしまいました。

検針票を見せてほしいと言われた

来客
来客

それでは確認のために検針票を見せていただけますか?

とのことだったので、一度部屋に戻って検針票を探しましたが、あるのは水道とガスの検針票だけで、電気の検針票はありませんでした。

このときようやく、

「そういえば自分は他の事業者から電力を買っているから、東北電力から検針票が来るはずないよな」

ということを思い出し、

「そもそもスマートメーターがついているアパートに検針票が届くんだろうか?」

という疑問も生じました。

わたし
わたし

すみません、先日まとめて処分してしまったようです。。。

と回答すると、

来客
来客

そうなんですね。

それでは次回検針のあとにまた来ます。

というようなことを言って帰っていきました。

気を付けないと

仕事が終わり、入浴中にふと先ほどの玄関先での応対を思い出したときに、実は電力販売の営業だったんだなと考えました。

インターネット上で検索すると似たような事例があったので、多分そういうことだろうと思います。

一連のやり取りの中で嘘は言われていないものの、危うく意図しない契約をするところでした。

お人よしな皆さんは注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常生活
気ままに奏者

コメント