ホルンでグリッサンドを吹くコツ

演奏効果でホルンにたびたび求められるのがグリッサンドです。

やっぱりホルンのグリッサンドはかっこいいですよね。

今回は、グリッサンドを吹くコツを紹介します。

スポンサーリンク

そもそもグリッサンドとは?

手元の音楽用語辞典(ドレミ楽譜出版社)によれば、グリッサンドは「2音間をすべるように急速に音階奏法すること」とあります。

つまり音階を吹けということですが、まじめに音階を演奏する必要はないと思います。

2つの音の間にいくつか音を入れれば、音階を全部吹かなくてもそれらしく聞こえます。

グリッサンドを吹くコツ

始めと終わりの音を確認する

グリッサンドはあくまでも演奏効果を追加するものです。

まずは、グリッサンドなしで音が出せるか確認しましょう。

上昇グリッサンドの場合はしっかり息を吹き込む

上昇グリッサンドの場合は、上の音に向かってしっかりと息を吹き込む必要があります。

イメージでは「ha-fu!」みたいな感じです。

リップスラーで上昇するときの感覚です。

私の感覚では、2つの音を単純にスラーで演奏するよりも楽だと思います。

ホルンで高音域を出す練習【高い音がかすれるのはなぜ?】
金管楽器を演奏していると出てくる悩みの一つに、高い音が出ない、あるいは出にくいというものがあるかと思います。 金管楽器であるホルンも例外ではありません。 高音域をきれいに出すためにはどうしたらいいのか、私が実践していることを交えながらお伝えしていきます。

3番管から適当にレバーを動かす

場合によりますが、はじめの音を吹いた後、3番管から1番管に向かって順に滑らかにレバーを動かして、最後は到達地点の運指にすると、グリッサンドらしく聞こえやすいと思います。

管が長いほど間に音が入りやすいので、3番管を使うのがお勧めです。

始めの音ですでに3番管を使用している場合は、そのまま2番管や1番管に移って構いません。

グリッサンドが印象的な曲

有名どころだと、真島俊夫編曲の宝島でしょうか。

和泉宏隆 / 宝島 (指揮:真島 俊夫)

アフリカンシンフォニーも有名ですね。

吹奏楽 アフリカンシンフォニー 陸上自衛隊第12音楽隊 African Symphony

私が演奏した中で最も音程が広いグリッサンドは、矢代秋雄の交響曲に出てきたDの2オクターブグリッサンドです。

【吹奏楽編曲】交響曲より第4楽章(矢代秋雄:83年:習志野高校)

ちなみに、私はCからHigh Cへの1オクターブグリッサンドがお気に入りです。

このグリッサンドをやるときは、F管でCを吹いてグリッサンドして、最後はB管の開放でHigh Cを吹いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホルン
気ままに奏者

コメント