ホルンを持つ小指が痛い?プロテクターを使ってみよう!

長時間ホルンを吹いていると、だんだん手汗で楽器が滑るようになり、余計な力がかかって左手(特に小指)が痛くなってしまうことがあります。

そんなときは、プロテクターを使ってみましょう。

スポンサーリンク

プロテクターとは?

もともとは、楽器の腐食を防ぐために、最も触れる時間の長い左手の部分を保護する目的のものです。

しかし、最近のプロテクターにはベルト部分があり、ここに手を通すことで、楽器を支えるのが非常に楽になっています。

私が持っているプロテクター

最近では、私の周りでも、楽器の保護よりも持ちやすさの点でプロテクターを採用している人が増えてきました。

ホルンは西洋生まれの楽器なので、日本人の体形には必ずしも合っているとは言えません。

プロテクターを使うことで、いくぶん持ちやすくなると思います。

プロテクターで改善されること

小指が痛くならない

左手全体で楽器を支えられるようになり、小指が痛くなりません

小指に支障が出る人は一定数いるようで、大学時代の後輩も、小指のケアをするべく、いろいろと工夫しているようでした。

実は私も、左手で「きつね」をきれいに作れません。

日常生活に支障はないので、あまり気にしてはいませんが。

プレスがかけやすくなる

左手全体の力を使えるため、プレスをかけやすくなります。

手が緑色にならない

学校の楽器はすでに緑青がついていることも多く、練習が終わると手が緑色になっていた、なんてこともあります。

プロテクターを使えば、直接楽器に触れないので、手が緑色になることはありません。

フレンチホルン プロテクター Ben Special(Aタイプ)

価格:3,463円
(2020/9/28 17:00時点)
感想(3件)

プロテクターの使い方

自分の楽器にあったプロテクターを選ぶ

プロテクターは様々なメーカーから販売されていますが、各メーカーとも2種類のプロテクターが販売されています。

これは、ホルンの作り方が2種類あるためと思われます。

自分の楽器のマウスパイプが小指かけより上でカーブしているか、下でカーブしているかによって選んでください。

ちなみに、ヤマハの楽器は小指かけより下でカーブしています。

装着方法

小指かけを入れる穴が開いているので、そこに小指かけを通し、普段左手を当てる部分にプロテクターを巻きます。

手を入れるベルトは適宜長さを調整します。

装着して持った様子

気を付けること

演奏後はプロテクターを外す

吹き終わったらプロテクターを外しましょう。

プロテクターと楽器の間に湿気がこもっていると、楽器が腐食する原因になります。

響きにくくなる

プロテクターを装着すると、楽器の振動が抑制され、若干響きにくくなります。

もともと音量が大きい人には問題ないかもしれませんが。

響きは止めたくないけど小指の痛みは解消したい、という場合は、F/B切り替えを押しBから押しFに切り替えるという手もあります。

世の中にはいろんな道具がある

何かうまくいかないとき、同じことを思っている人がほかにもいるかもしれません。

そんなときは、調べたり聞いてみたりすると、解決策や、便利な道具が見つかります。

楽器店に行ってみるというのもいいですね。

コメント