【ホルン】スタミナをつけるのではなくバテない吹き方をすればいい

金管楽器は長時間吹いていると次第に音が出なくなります。

これは長時間走っていると走れなくなるのと同じで、筋肉が疲労しているためです。

しかし、疲れにくい吹き方を知れば、もっと楽に楽器が吹けるようになるかもしれません。

今回は、スタミナをつけるのではなく、バテにくい吹き方を紹介していきます。

スポンサーリンク

その後に出す音をイメージしておく

初めて見る楽譜は、次にどんなフレーズが待ち構えているのかわかりません。

そのため、フレーズが出てきてから音量、音程などを調整しようとするため、筋肉が急激に緊張します。

しかし、瞬発力を発生させる筋肉は持久力に欠けるため、これが繰り返されるとバテる原因になってしまいます。

そこで、演奏を始める前に、これから演奏しようとするフレーズをイメージしておきます。

イメージがある状態で演奏すると、筋肉がそこに向かって無理なく準備してくれるので、イメージなしで吹くよりバテにくくなります。

また、イメージを持って演奏できると、必要な力だけ使えるようになります。

練習するとスタミナがついたように錯覚するのは、実は余計な力を使わなくて済むようになっているということなのです。

必要なプレスはかける

「楽器を口に押しつけてはいけない」というよく聞く言葉は不十分で、正確には「必要以上に楽器を口に押しつけてはいけない」ということです。

唇の振動や息を効率よく楽器に伝えるためには、楽器と口が密着している必要があります。

隙あらば楽器を口から離す

必要なプレスはかけなければいけませんが、ずっとプレスをかけ続けていると血行が悪くなり、疲労が蓄積します。

そのため、休める隙があれば楽器を口から離しましょう

パートで協力して曲を演奏する

「作曲者は無駄な音を書かない」と言いますが、パートで同じ音を吹いている箇所は、分担して休むという選択肢もあります。

私も高校までは「楽譜に書かれている音はすべて演奏しなければならない」と考えていました。

しかし、本番で最も優先すべきことは、バンド全体で曲が完成することです。

事前に打ち合わせをして休む場所を確保し、どうしても外せない場所に備えるようにしましょう。

まとめ

バテにくい吹き方として4つの方法を挙げました。

もちろん、これらを実践しても長時間演奏すればバテます。

今回紹介した方法を駆使して、少しでもバテが改善されれば幸いです。

コメント