【ホルン】そもそもF管B♭管とは何なのか?

以前、フルダブルホルンのF/B切り替えを逆にするという記事を書きましたが、その際、「そもそもF管B♭管とは何なのか?」という質問を受けました。

そこで今回は、F管やB♭管が何を意味するのか、そしてホルンにおけるF管B♭管について書いていきます。

スポンサーリンク

F管はFから始まる倍音列が出る管

金管楽器は、同じ運指で複数種類の音を出すことができますよね。

これらの音は、「その運指で出せる最低音」の自然倍音列の音です。

ピストンやレバーを押さずに出せる最低音がFであるとき(その楽器の基準となる管の長さで出る音がFのとき)、その楽器はF管の楽器であるといいます。

B♭管やC管、E♭管といった場合も同様です。

ホルンにおけるF管/B♭管

ホルンはF管で作られた

理由はわかりませんが、ホルンはF管で作られました。

私なりに考えると、もともとホルンは動物から作られた角笛だったため、もとにした角の長さが大体F管の長さだったのではないかと予想します。

B♭管で吹きやすく

高音域になると、自然倍音列の間隔が狭くなり、音を当てるのが難しくなります。

そこで、F管よりいくぶん管の長さが短いB♭管を用いることで、高いほうの音も当てやすくなりました。

F管/B♭管の使い分け

フルダブルホルンの場合は親指のレバーでF管とB♭管を切り替えられます。

一般的な使い分けを紹介します。

基本的にはB♭管を使う

音の当てやすさほかの管楽器とのブレンドを考慮して、基本的にはB♭管で演奏します。

F管を使うタイミング

F管を使うタイミングは大きく3つです。

  1. B♭管では出せない低音域を演奏する場合
  2. B♭管ではピッチが合いにくい音を演奏する場合
  3. ゲシュトップ奏法で演奏する場合

チューニングのB♭の1オクターブ下のB♭の下のFから下の音は、B♭の音を除き、F管でしか出ません。

また、チューニングのB♭の半音上のB(H)や全音上のCはB♭管だとピッチが合わせづらいため、これらの音を演奏する場合はF管を使用することがほとんどです。

ゲシュトップ奏法の際には、B♭管だとピッチが3/4音上がって運指による調節ができないため、F管で記譜の半音下の運指で演奏します。(F管だとゲシュトップ時にピッチが半音上がります)

まとめ

F管、B♭管というのはその楽器の基本の長さに由来します。

フルダブルホルンではこれらの管を必要に応じて切り替えることで、様々な演奏が可能になります。

コメント